バイオグラフィの詳細をお届けしていくシリーズです^_^

前回に続いて、めでたく第2回でございます!よろしくお願いします。

一人で日本に戻ってきた僕は、栃木の祖母の家でお世話になりながら、高校に通う事になりました。

今は亡きヘビースモーカーのばあちゃん、、あの頃は色々と迷惑をかけてごめん。。世話をしてくれてありがとう。天国でもタバコ吸いながら巨人戦を観て、野次を飛ばしてるかな^_^

一応、進学校と呼ばれる高校に入りまして、初めての帰国子女との事で学校からは大事に扱われたのですが、基本ヒネクレている僕は、、それが嫌でしたね。。結果、期待を裏切ってしまう事にこの後なるのですが。。。

全校生徒からも、帰国子女という事で物珍しい扱いで、いろんな人が寄ってきてくれたのですが、あ、僕のモテ期はここがピークです、、というのはさておき、楽器できる?ときてくれた同級生がいました

ギターはできるよ、と答えたら、ギターは俺がやるから、歌いながらベースやってよ、と無茶ぶりされました。。

ベースって何!?しかも歌いながら!?となっていた僕に、STINGを教えてくれたのです。

カッコいいし歌いながらベースのイメージもできましたし、ベースの低い音にも惹かれ、彼とバンド活動をする事になりました。彼がやりたいというユニコーンのコピーを、がむしゃらにやってましたねぇ。

コンビニでバイトも始めまして、店長やスタッフ、お客さんにも恵まれまして、発注まで任されるようになり、仕事の楽しさや社会の事を知り始めました

高二になった頃に、比重が仕事>音楽>学校となっている自分に気がついたのです。早く社会に出た方がいんじゃないか、そんな風に考え始めていました。

どうなのかなぁと思い、学校に相談しました。そしたらですよ、初めての帰国子女が問題を起こすと学校に傷が付くから、と、、僕個人の事を見て考えて想って答えてくれなかったのですよ。。あぁ、、、大事に扱われてたのはそういう事かと。。。

基本ヒネクレている僕はそこで決めました。問題を起こしてやろうじゃないかと。ていうか、こんな学校に居る意味はないなと。高校を中退して社会に出て行く事にしたのです。

同じタイミングで、親がグアムから日本への帰国が決まりました。僕は嫌だったのですが、大阪に行くのでお前も来いと強制拉致されました。まぁ今想えば、、親も複雑だったでしょうし。。

こうして、濃い二年半を過ごした栃木を離れ、大阪へ行く事になりました。

さぁ、次回は17歳で社会人になった大阪での事です^_^

バイオグラフィの詳細をお届けしていくシリーズです^_^

めでたく初回でございます!よろしくお願いします。

僕の音楽活動の原点は、小5から中学卒業まで過ごした、グアムです。

私、こう見えて?帰国子女なのです。ただし、、英語の話せない帰国子女です。。日本人学校に通っていまして、ずっと英会話の下位クラスで、、、覚えた英語は、フライドポテトはフレンチフライと言う、です!

この日本人学校の同級生達と数年前に再会しまして、現在バンド活動をしています!こちらについてはまた別途お届けしていきます^_^

さて、グアム時代に聴いていた音楽は、以下な感じです。

  • 小田さん(小田 和正)
    • アルバム「sometime somewhere」を、上記に登場する同級生で現バンドのギタリストに、おすすめだよと彼の親父さんの車の中で二人きりで大音量で聴いて、それからずっと小田さんの音楽を聴いていますし、大尊敬するミュージシャンです。
  • マッキー(槇原 敬之)
    • シングル「どんなときも。」が、日本に一時帰国した時にヒットしているタイミングで、生まれて初めて買ったCDです。それからずっとマッキーの音楽を聴いています。
  • マイコー(マイケル ジャクソン)
    • アルバム「Bad」「DANGEROUS」を、マイコーの絶頂期に、テレビでカッコイイ映像を観たりアルバムを聴いたりで、それはもう、踊ったり、アォ!ポォ!と叫んでましたね。
  • MTVで流れている音楽
    • 暇さえあればずっとMTVを観てました。惹かれる映像や音楽が溢れていましたねぇ。1990年代前半の洋楽が、ジャンル問わず身体の中に染み込んでいます。

楽器に触れ始めたのもこの時期なのです。

親が習わせたかったんでしょうけども、環境から、先生は英語しか話さないですし、それ以上にドレミファソラシドではないという、、キッツイ思い出しかないピアノ教室に通っていました。。今でこそわかるのですが、英語のCDEFGABCで教えられるのですが、知っているドレミファソラシドではないですし、、、その違いも理解できず0から音楽をやっている感じでした。。。

数年後に、ギターの講師をやっていた事があるという、親父の会社の同僚の方と出会い、クラシックギターを教わりました。ここでCDEFGABCが役に立ち、すんなりギターと馴染めました。家が近い事もあり、毎週お邪魔して教わりながら弾かせてもらって、ギターにハマっていきました。そして、この方が日本に帰国する時、そのクラシックギターをくれたのです。今もギターを弾けているのは、この方のおかげでございます。本当にありがとうございました。

やがて中学を卒業し、一人で日本に戻り高校に行く事になりました。

その高校時代の事は次回に^_^

ちなみに、この頃をきっかけにできた曲が「We are」なのです。